Grandcross logo

【musician】Grandcross official 日記形式エッセイ集

Grandcross sending messages of love song on Machines, Chemical, Pchisical, Sience, Vio Technology and more Ballad as essays.

Top


2022-07-05 Sant☆Lover - 英雄伝説

プロローグ

西暦2022年、緑の星エバーグリーンに、太陽系の外からの襲撃があった。

エバーグリーンは緑多い農耕民族の星で、戦士が少なく、隣の星で未来に姉妹星となる、青い星アクエリオンに、応援要請を、エバーグリーンの姫碧が打診した。

それを受けて、アクエリオンの姫で紫の姫の異名を持つ天音は、ゴールド中隊長クロに部隊を招集する手筈を整えるための準備を各隊に伝えるよう命じた。

それと共に、作戦会議を行い、クロが招集した部隊、Saint☆Loverを組織し、ゴールド零、レッド雷電、グリーン震電、搭載、ターミナルステーションがた大型戦艦二隻で迎え撃つことを政府の緊急対策本部で決定し、緊急出動。

それとともに、クロと青い星の姫天音とのラブストーリーへと繋がっていくのであった。

愛大空へと旅たとう。

緑の星を強襲したゼンザーと名乗る、大きな体の、人間型宇宙人の、戦艦からの、見知らぬビーム砲の襲撃を受けていた。

そこへ到達するため、アクエリオンから旅たった、Saint☆Loverは、隣の惑星へと急ぐため、加速を続け、亜高速の操縦を行うため、座標を確認、設定、し、速度を高めていった。

そして、その座標に到達するまで、10時間、慣性の法則と、空気抵抗のない宇宙空間での摩擦の非常に少ない移動のため逆噴射に入った。

総員戦闘配備。と作戦開始の合図をレッド中隊長が、クロに目配せをしながら、レッド中隊からのアタックとなるよう陣形をとった。

一方、ゼンザーも、スーツのような、ドーム型小型戦闘機で現れた。その数、数千機。

アクエリオンの機数は30機

数で圧倒されるかのようにおもわれた。

艦の外での戦いとなっている時、アラカルターが、敵戦艦の弱点である燃料タンクを発見。

クロたちの守り神である、光そのもののユヤキに祈ると、次の作戦が諭された。

牽引ビームにひっかった、ゴールド中隊長クロと、レッド中隊長良家、グリーン中隊長との三人半ば、わざと、拿捕され敵艦内に潜入。

雷電と震電から梯子で降ってくる良家とグリン。そして、空中殺法の得意なクロが、コックピット宙返りで飛び出す。

アラカルターから、ドアの向こうが、燃料タンクだと無線機で教わっていた三人は、ドアを破るべく、ゼンザーの配下、ロボットスナイパー部隊と衝突。

ビームをライフルで打ってくる人型ロボットに対し、ライトナックルで跳ね返す良家、ビームセーバーのクロはブロックを崩すかのように跳ね返していった。グリンも同様。

そして、シールドジェネレーターを備えた、ロボットのトップ三体の衛るドアへと侵入。クロは、シールドの後ろまで、宙返りし、後ろから、ロボットを切った。三体とも。

そして、グリンは、ドアへ、セーバーを突き立てた。

すると、遮断壁が降り、困った。クロはセーバーを応援になるよう突き立てた。

長めのセーバーのグリンは、念を込めて、黒と波長を合わせると、遮断壁が焼けた。

三人は一斉に、機に戻り、零型魚雷を発射。

そして、レッド、グリーン、ゴールドの順で、まだ残っている可能性のある牽引ビームの中、出口へ向かった。

内部から爆発した、艦はもはや、機能しなくなり、爆発の炎の中から、3機飛び出した。

残りのゼンザーは投降した。

そして、戦闘は終わった。

緑の星で、勲章を授与されて、喜ぶ、ヒーローになった、良家、グリン、クロ。

夕食会にも呼ばれて、碧との話に盛り上がりを見せた。

そして、帰路に着くクロは、天音に連絡し、何やら、含みを持つ天音の顔をモニタで見て、勘づいたクロは聞いた。「どうしたんだい?」。

「お父さんがクロを気にいったの。」「婿どうかって私にいったのよ。」

アクエリオンに着陸した、クロは、天音と熱い抱擁。

アクエリオンの英雄伝説へと、Saint☆Loverが記名された。

...おしまい...

2022-06-26 Saint☆Lover - Starship あの光の彼方へ

プロローグ

西暦2124年、愛に満ちた姉妹星、エバーグリーンとアクエリオンの姫、前者碧と、後者天音の、後継者選びに駆り出された、鈴音ことSaint☆Lady隊員と、その夫になりし者の家督を継ぐ世の話。緑の星エバーグリーンの姫碧の子である、吉村こと、Saint☆Loverのレッド中隊長と、そのライバル、ゴールド中隊長のクロとの系譜的な物語。

クロは、天音姫の星で青い星の戦士で、吉村氏は、エバーグリーン出身の腕利きのパイロットで、剣術、武術、拳闘に長けていた。ライトナックルが彼の武器。ライトセーバーは少しだけ得意で、クロは、身軽な剣術に秀でた、青少年。二人は、アカデミーで一緒になった。天音は年頃、碧は、娘で、碧Jr、と鈴音、との五人の出会いからのスペースラブロマンスファンタジー。

Saint☆Loverへの道

五人は剣術の稽古中、青い星の神通力の源ユヤキの光に気づき、耳を傾けた。

すると、ユヤキのオーダーで、アラカルターが、映像を流した。

エバーグリーンに到来した、未知の敵、ゼンザーと呼ばれる、巨人族で、外銀河からの歴訪者である、種族が戦闘によって、その星からなくなった水資源を奪取すると言う目的から、戦闘に至った、アクエリオンとエバーグリーンは、大型戦艦を牽引装置で引き込まれながら、作戦どうり、内部のエネルギータンクを爆破、その際のライトサーベルと、飛行技術について見せらえた。

そして、歌に長けた、天音の心のこもった歌で、聴力に長けたゼンザーとの後の戦闘を終える方向へと心開かせた、カルチャーショックから、逆襲のアクエリオンから水資源を調達し、外銀河からの帰還となる経緯を見た。

そして、さらに、Saint☆Ladyの、姉妹星を強襲した、惑星間の戦闘について、聖戦士Saint☆Ladyが発足した経緯も見た。

みんなは、声を揃えて、祈った。「僕らの星がこの銀河にとって大切な役割を担っていること、要にいることを踏まえ、心と体とを整え、正式なSaint☆Loverになる訓練を無事終えますように。その末に、幸せが訪れますように。」と。

その姉妹星の未来をその時代が象徴しているかのように見えた。

五人の特徴は、ライトナックルの吉村、剣術身軽さのクロ、心の強い瞬発力の碧と碧Jr。と、バランスの鈴音。

2022-06-10 碧さん「君を追って」

出逢い

サッカー少年のクロは、某有名公立高校に入学。

サッカー部入部希望。

同じクラスに、高校から一緒の碧さんに、席が隣に決まり、話しかけたクロは、彼女に何か運命を感じた。

碧さんは、ダンスに興味を持っていて、ダンススクールに通っていた。

クロは、まだよちよち歩きのサッカー通。

碧さんは、根性豊かにその道を清めようとしていた。が部活動が義務付けられていたためダンスを取り入れた、チアリーダーに入部。

クロは、パサーと、エースストライカーの両面に興味を示していて、部活動でも同様のポジションにつくことをのぞんでれんしゅうにはげんだ。

碧さんは、チアリーディング部の中でも、ダンスより、で、友達も、鈴音さん、天音さん、と心さん人組になった。

クロは、厳しい練習に立ち向かう日々。ただひたすらにボールを追いかけて過ぎ行く日々にメキメキ上達することめざましくしていた。

ある日碧さんと隣の席のクロが、クロが数学の教科書を忘れて見せてもらうことに。

クロは、授業が終わると、お礼にジュースをおごると、学食に碧さんを連れて行った。

クロは、ジュースのブリックを渡し、「俺、絶対、一年生レギュラーの座を獲得してみせるから。」という。

碧さんは、「本当?そうしたら、クロくんが試合に出るたび私たちが応援するから。がんばってね。」といった。

コースへとつながる架け橋

クロは、その言葉を胸に一層練習に励んだ。

また、碧さんは、ダンススクールで、練習に明け暮れ、学校での部活動もそれなりにこなす、エリートダンサー

クロは、一年生の一学期末、レギュラーを選ぶ選考会で、夕方まで残され、パスの練習から、シュート練習をこなし、練習試合先輩方との練習試合にのぞんだ。

コーチはいろいろなポジションで新入生を試したいので、シュート力の強いクロをボランチに起用しフォワードへのスルーパスを出して、フォワードがパスに追いついてあわよくば得点につながる攻撃となる中央突破を可能にした。そしてドンピシャのタイミングで上がってきたセンタリングに併せてをキーパーの裏へダイレクトボレーシュートを決めた。これでクロは一年生唯3人のレギュラー枠に入った。

そして、夏休みに入る。クロは、部活に精を出し、碧は、ダンススクールで発表会の練習と、さらに、チアリーディング部の夏の合宿へとこなしていた。

そして、夏の国体へと臨んだ。クロの所属するチームを合宿後の碧は懸命に応援し、会場を盛り上げた

活躍したのは体格で上回る3年生の先輩たち。

クロは、懸命にボールを追った。あまり得意ではないセンタリングを上げるための右のウイングで、2本連続で逆サイドへ飛ばし、折り返し、コツがわかるまでこれだけかかった。

クロは、放物線の頂点が、落下地点との中間になるようにと悟った。が、試合終了。

2試合目で、センタリングのチャンスが来たとき、グラウンダーで、ゴール前へ上げたが、フォワードがスルーし、トップ下がバックパス、ミドルシュート。キーパー正面。

クロは、惜しく思ったが試合終了のホイッスル。

PK戦で勝利。地区大会突破が決まる。

試合後コーチと監督両方から、すこし面食らう注意を受けた。「あんなセンタリングしかあげれないようでは次の試合には出せない。良くチームをみていろ。次の試合はベンチスタート。

国体の一試合目、後半10分、出番が来た。体を温め、スライディングタックルを受けた、右のウイングに戻され、その日は1本センタリングを上げたがタイミング距離ともに、ピッタシとはいかずクリアされた。

おしくも、試合の勝利を逃し、シャワー室へ。

碧がやってきていった「まあまあね。」「わたしもサッカーそれほど詳しくないけど、みんな言ってた。いいセンスしてるって。」

クロは言った。「俺、こんなんでおわりたくない。」「ああもう。まだ言えないのか。」というと、碧は、「何を?」と。

クロはドアをドンと叩いて「俺決めてたんだ。自分がチームで一人前に機能して、自信が持てたら、お前に...」とくちごもった。そしてさらに、「今はとどかなくてもいつかきっとって約束する。碧、好きでいてもいいかな。」すると碧はコクンとうなずいた。

クロは「一度だけでいいから、抱きしめてみたい。」

とクロは碧をきつく抱きしめた。

碧は棒立ちのまま、抱き返すことを忘れ、「クロくん、痛いよ。」というとクロは、高鳴る鼓動を抑える、左側をすりぬけて走り去った。

モノローグ・碧の想い。

クロの心まで暖まるくったくのない笑顔が好き。

クロくんの、腕も胸もそっとほほをかすめた少し長めの髪もみんな私の宝物。

クロくん。いつかっていつ?。まっていればいいの?少し怖い。

好き。それだけで心はこんなにも輝きを写す。

私ももっともっとがんばってクロくんを輝かせたい。

本当は私もクロくんが隣の席に座った瞬間にわかったの。この人が運命の相手だって。

だからもう少しだけ2人が大人になったとき、少しづつ私をあげるから。

よーし、もっとダンス頑張ろう。

碧「君を追って」

碧の発表会の時に、クロは、碧からもらったチケットと着慣れない、ドレススーツに身を包み、緑を見た。

そこにいたのは、まさしく、プロ顔負けの踊りを披露するダンスチームだった。

クロが遅刻寸前で会場に来ているのを確認し、祈った。私たち(クロと碧)が一層の高みへと登る布石となりますようにと。

ダンスは大成 功をおさ、一年生ながら、キラキラの碧をみて、惚れ直したクロ。

ダンスが終わると、会場はスタンディングオベーション。

碧も楽屋に戻り、化粧を落としてビューラーをあて会いに行くと、クロは、言った。「碧がこんな輝いているひとだなんて。」というと、碧は「え?こんなの普通よ。私の中では。」と。

クロは、碧に「俺必ず、プロサッカー選手になるから。まっていて。とりあえず、次の試合までは、彼女でいること。課題だな。」といった。

「俺が、今、お前の立っているポジションに上るまで、どれだけかかるかわからない。でも、少しだけ、何か漠然としたものをつかんだんだ。それはおれにもわかる。でも今は、ここから見上げる空のようなお前に会えてよかった。正直ダンスって、趣味の範疇かと思った。」

すると、碧は、心からクロの成功を祈り、クロの、歩くべき道筋を徐々にさとり、「私の所って?私に今あるのはダンスだけ。」「クロならきっとやれる。うん。絶対に苦しくてもあきらめないこと。そして、私を利用しても辛い時だけの関係じゃいやよ。約束できるかしら?」

クロは「俺たちこれからだな。」「まだまだ色々あると思う。でも、約束する。」「きっと俺、やる。」と言った。

二人の未来はこうして始まっていくのであった。

...おしまい...

2022-06-09 鈴音「僕らの明日がまた始まる。」

少年時代

クロと鈴音との出逢いはクロが、楽器店で、偶然、新しいバイオリンを、バイエルを終えたばかりの鈴音と、バイエルそっちのけでビブラートばかり練習するクロの小学校時代に、クロと鈴音のひとめぼれによってなされる。

クロは、まだはじまったばかりの、バイオリン奏者の道にワクワクしていた。

鈴音は、クロのなかに、その楽器選びのさなか、センスの良さからの、何かキラキラするものを感じた。

二人はシンパシーを感じた。

二人は良家の子息で、お金持ちの鈴音は、スズキの最高位を選び、クロは、生意気ながら、ストラディバリウスをねだった。が店にあったのはガルネリウスで、弾いてみると、練習不足を感じさせないくらい、バイエルなんかスラスラ弾ける楽器だった。

腕に覚えのある、鈴音と、センスだけのクロは、楽器選びのさなか、ちらちら、お互いを気にしていた。

お互いの親はお互いにその名を知っているくらいの金持ち。

クロは、気を引きたくてガルネリウスを選び、それを見た鈴音も分相応のものから段々と諭された。がスズキの最上位であるストラディバリウスの入荷が間に合わず、3000万円台の楽器を選んだ。

お互いに親が会釈し、意見交換に、そうして、引き合わされた、鈴音の方が一学年下の優等生。

クロは、いたずらざかりの少年で、夢もまだ見ない、目標も定まっていない、遊びたい盛り。

いたずら好きのクロがビブラートを自慢しようと、弓に最高位の松脂をたっぷり湿らせ弾くと、鈴音も主よ人の望よ喜びよを弾いて見せた。

クロは痺れるように感銘を受けた。小さな女の子に先を越され、横道に入っていることに気付いた。

クロは、感いった面持ちで鈴音に聞いた。「どうしてそんなに上手なの?」

鈴音は、「練習ちゃんとしているからよ。あなたも、私くらいの年代なのにもうビブラートが弾けるの?上手ね。」

そうして、二人は大事そうに年代物の楽器を手に大事そうに抱えて帰っていった。

鈴音とクロは、そのご、クロは、急速に名前を挙げるが、天性の筋の良さで天才と称された鈴音は、楽器をまるで手足のように扱うようになった。

二人はコンクールで中学校時代に再会する。

クロはG線上のアリアを弾いた。

コンクールの課題は、バッハの曲いずれか。鈴音は、楽器店で弾いた、主よ人の望よ喜びよを弾いた。

鈴音の演奏の後ブラボーの喝さいが。そうして審査で優勝。

クロは4位。で少し悔しそうにしていると、コンクールの楽屋で、鈴音が、「もうちょっとね、あなたのバイオリン。わたしなんかすぐ追い越せそう。」

クロを、当日見てから、何を言おうか考えていた鈴音が言った。

クロはそれからというもの友達付き合いもそこそこに練習にふけった。

鈴音は音楽高校の推薦が決まり、クロは公立の高等学校に通っていたころ、事件が起こる。

鈴音は、過労でたおれてしまった。

そうして、腱鞘炎を起こしかけていると告げられる。しばらく練習できない、半年間休むようにといわれた。

それをショックに思った鈴音はボーっと歩いていて、クロのいえのそばの交差点で信号も見ずに歩いた。

クロも練習の帰りで、鈴音を見受けた。

大きなクラクションの音。

鈴音は車の前にいた。クロは駆け寄り、鈴音を突き飛ばして、車に引かれた。

頭を打って、救急搬送。

クロは、一部記憶を失っていることが判明した。

クロは音楽のほとんどを忘れていて、その他異常は見当たらない。

クロは、奇跡的に五体満足のまま、入院を余儀なくされた。

クロのところに、お見舞いに来た鈴音に家族のうち、姉は、「よくのこのこれたもんね、全部あんたのせいよ。」というと鈴音は、泣きながら、「クロくん、ごめんなさい。」と呟いて走って帰ってしまった。

鈴音は、責任を感じるととともに、ひとめぼれした少年がクロであることにきがついた。というより、その時の感情がよみがえった。

鈴音が明日を迎えに行く

鈴音は奇跡的に回復するが、クロのために、ペアのセーターを編んだ。

そうして、しばらくぶりの再会のため、音楽から離れていたクロに、鈴音が、お姉さんに、許してもらうため通うこと12回目で、クロを病室に呼び、会わせた。

そうして、「クロくん、ごめんなさい。わたしのために。」と鈴音はいうと、クロは、何も言わず頷いた。

鈴音は「わたしたいものがあるの、これセーター編んでみたの。でも図々しいよね。事故わたしのせいなのに、クロくんの頭傷つけて、ペアのセーターなんて。責任っていうわけじゃないけど、私、なんでもするから言って。」

鈴音にクロは、「じゃあ、付き合ってよ僕と。でも、僕は君と出逢ったことも、音楽を奏でた記憶もない。ただの男だ。僕を救えるかい?」というと、

「私が、全て取り戻させて見せるから、負けないで。クロくんの暗い顔みたくないの。」

すると、鈴音はクロにガルネリウスを渡し、鈴音は、バイエルを弾き始めた。そして、「ね、楽しいでしょ。」

すると、クロは記憶がフラッシュバックを起こし、頭痛で頭を抱え、そのまま気を失った。

鈴音は、クロをベッドに寝かせるのに一苦労。

クロのほほを涙が伝う。鈴音の涙が、クロのほほに。

目覚めたクロは、「夢見て泣いたのか?」というと、鈴音は首を振り、「あ、鈴音、さん?」というと、すこし瞑想し、「すげえ、全部、思い出した。俺は、音楽を?」というと、鈴音がうなづいて、「さっきのことも覚えてる?」と聴くと脳神経内科の先生が入ってきて、

診察し、ペンライトで、目を照らし、「よし、奇跡だ!君が彼女かな?」というと、「未満です。」と鈴音がいうと、「いえ彼女です。」とクロが言った。

そうして、腱鞘炎を回避した、鈴音と、クロは、再び音楽の道へ。

鈴音は、「鈴音が明日へごあんない申し上げます。」といった。

クロは、「では、いきますかと、音楽室へいくと、色とりどりの折り紙でわっかを作って飾った部屋で、パッヘルベルのカノンを輪唱した。

クロと鈴音は、新たなコンクールと、音大への試験のため、集中的に練習と勉強をした。

クロと鈴音は、今度は、バッハのコンクールで、英雄ポロネーズを、ピアノ伴奏で、競い、最終選考に残り、選考の末同率の優勝をかちとった。

鈴音は、「私の彼はこうでないと。」と鈴音。「うん、つとまらない。」「俺の彼女もね。」とクロが付け加え、その会場にいた、音楽の都でルネッサンスの中心地「ウイーン管弦楽団にこないかい?」と楽屋にいた二人に持ちかけた楽団の指揮者がいうと。

「ね、明日が迎えに来た。」と鈴音が言って。クロは、「うん。僕らはまだ未完成品ですが、よろしくお願いします。」とふたりは二つ返事でOKし両親もOK。高校生のまま留学を決意、寮にはいることとなる。

...おしまい...

2022-06-02 天音「今日からまたはじめよう。」

バンド活動開始

中学校に上がったクロは友達とバンドを組むこととなった。

音楽に造詣が深かったクロは、非凡な才能を開花させるべく、スタジオRed2で練習を開始することとなった。

クロの小学校時代は、部活で、音楽部に入り、楽譜の読み書きを学んでいると同時に、マーチングバンドの練習に入っていった。

その中で、クロは、ドラムの担当となり、基本練習を開始していた。某有名ドラムメーカーP社特製の練習板で、手のまめが三重に破れるほど練習し、P社の3Sのスティックを使用した。

使用した、小太鼓=スネアは、P社独特のメイプル使用。音重視で、そりなど気にしなくても良いタイプだった。

そして、パワーいっぱいのスネア技術を展開するに至った。

小6の時の夏のフェスティバルの時、シンバルを従え、O先生のP社の大王セットのうち、メロディックタムをクロの前におき、5千人の前で、ドラムソロを叩いてその名を高めた。

そこで中学の名優である、K君に、「僕トランペットやっているんだ、バンド組まない?」と誘われたが、トランペットとドラムだけではむづかしいので、しばらく置くと経ち消えた。

すると、Y君が「クロ、ドラムに覚えがあるうだろ?僕らでドラムを組まない?」と誘ってきた。

クロは二つ返事で了承し、Y君がBass、KK君がフライングVのエレキギター、SA君がVoとなった。

恋のいく先

クロは、先だって、幼馴染の天音に幼稚園の頃、おままごとで、「僕と天音は永遠だもん。」と言うと、「絶対よ!」と天音がいった。

それから10年の時が流れ、バンド活動に至る。その間に、天音は少女から大人へと成長し、天音が読んだのか、クロは、誰かを抱きしめたい感情に駆られたほどだった。

そして、バンドは、クロが今まで聞いたことがない、ロックの方面へ進み、中学2年の文化祭で大喝采を浴びた。

そして、ライブ活動のおり、S町のHPowerというライブハウスでライブを行った。満員のライブとなった。

そうして、中学3年生の春から夏にかけて、天音がクロを呼び出した。

「親友のKTちゃんがクロに話があるって。」と言った。

KTちゃんは、「クロが好きです。もしよかったら付き合ってください。」

クロは、天音に誓った永遠をすっかり忘れていて、「ちょっと考えさせてください。」と言うが、女性に告白されたことが嬉しくて「いいよ。」と答えた。

クロは、嬉しかったが、天音のことを心のどこかで思っていて、二人の関係が進みそうで進まない。

バンドは順調に進行し、忙しい中、クロは進学について、内申点が下がったため、公立の高校への進学が黄色ランプが点灯する結果となった。

ある日、KTちゃんが風邪で寝込んだ時、お見舞いに行った。

そんな関係であったが、天音は、実はクロのことを少なからず思っていた。

KTちゃんは、そんな天音の気持ちに気づいて、「どうしたの?最近元気ないじゃない?」とKTちゃんが声をかけると、天音が泣き出した。

「だって私、クロのことこんなに好きだなんて知らなかった。他人のものになることで初めて気が付いたの。ねえ、KTちゃん。どうしよう。」と天音が。

「私だって、ゲットしたばかりよ。でもね、クロがよそよそしいいの。天音どうしてだと思う?」とKTちゃん。

「私たち同じ人を好きになったのね。」と二人で話すと。天音は思い出したかのように「クロね、かなり昔だけど、私に永遠を誓ったことがるのよ。でも私ったら、KTちゃんに、クロを好きだって聞いて、じゃあ、恋の縁結びをしようと思ったの。」

「天音、ずるいよ、いまさらそんなこと言うなんて。私にどうしろというの。」とKTちゃん。

「天音は、運命の男なのよ。やっと気づいた。私は、彼なしでは生きれない。そう思うの。」

「私だって、正式な彼女よ。その私にいう?」

「KTちゃんには、本当に感謝してる。でも譲れないの。本気よ。」と天音。

KTちゃんは、「うんもう、なんなのよ、私を利用して。クロも天音が好きなのモロわかり。そんなんじゃ続かないってわかってる。でもね、あんまりじゃない?」

「私帰る。天音はここにいて」とKTちゃんは、バンドの溜まり場であるクレープ屋の地図を渡した。

そして、家に着くと、クロに電話したKTちゃん。「クロ、ちょっと時間ある?バンドの溜まり場のクレープ屋にきて。すぐに。すっごいプレゼントあげるから。」そう言って電話を切った。

クロは、「何かなあ?」。泣き声であんな電話。何かあったのかな。行ってみよう。」

クロは、自転車をひたすら漕いで、着くと、いたのは、天音。

天音は、「クロなの?」、クロは一眼で全てを悟り「あのバカ、俺の気持ち気づいていたんだ。」

そして、クロは、「天音、お前、何か聞いてるか?」と言うと、天音は、クロに今日あった事を話した。

クロは、天音の気持ちを受け止めたいが、KTとの関係もはっきりしない。

クロは、「プレゼントがあるから、きてって言われた。いたのは、天音、お前だ。」「どうする俺たち。」

天音は感極まって泣いた。クロは、「泣くなよ、俺だって泣きてくらいだ。今全幅の愛情をあげては行けないから。」と持っていた、バンドようのタオルを渡した。

そして、そのまま、天音を送っていった。

翌日、放課後、三人で、残って、それぞれの気持ちを話すよう‘、クロがセッテイングした。

そして、天音とクロは両思いで、KTちゃんの気持ちを重んじるしか無かったクロの事情を知った。

それは、天音がKTちゃんに告白をセッティングしたため、天音が気持ちがこっちに無いと思うしかなかった。でも、女の子を理解できる年齢になかった幼い頃の青春の過ちだったことをクロと、二人は知った。

三人は協議の上、受験後まで持ち越しとすることとなった。

1学期の成績が落ちたクロは、夏の間、SDRG塾に通うことになり、ツボを押さえたこの塾は、メキメキクロの成績を伸ばし、中学三年生二学期の全国共通模試で、クロは、天音と同じ高校に通うための偏差値60以上を達成することが条件だった、志望校を、滑り止め付きで受験可能だと三者面談で言われた。数学が59であとは60以上。一教科、約束の60以上を取れなかったため。

高校受験を終え、天音とKTちゃんの二人は、同じ高校に入学が決まり、クロは成績優秀で繰り上げ合格でMSO高校に入学し、     バンドも継続し、オーディションを受けることとなった。

オーディションで合格したクロは、バンドのメンバーには合格を、クロには不合格を告げ、全員合格となった。が配属が別のバンドとなり、クロは、今の生活と高校生活を維持したまま、親の決めたTV番組の主人公になることとなった。

バンド活動の傍、TVの主人公クロは、成長し、大学進学、苦労しながらなんとか、4月2日卒業。

いろいろなバンドを経由し、一人前になったクロは、TV会社の社員で、プロデューサーに昇格していた天音と、スタッフ、マネージャーに囲まれ、秘密にされながら、スパイを教育するかのような実生活を過ごした。

成人したクロに待ち受けていたのは、シンデレラ・ボーイの如く、白いセダンが迎えにきて、皇女様がお待ちです。ご同行願いますか。遅ればせながら、こう言うものです。と王室付きの官僚の名詞を差し出し言いました。

クロは、門の前で降ろされ、門を歩いて渡ります。

クロは、抜かずの二人をこなし、機械を3回震わせ、門をくぐりました。

クロは門を通ると、王家に歓迎されました。

...おしまい...

2022-05-31 美稲「2人出逢ったあの場所で」

プロローグ

二人は、商社「Beauty カンパニー」で働く新人社員の同じ課の同じ班に配属された、御曹子の女の子美稲と中流過程のクロが出会い、恋仲になっていくそんな、恋愛事情たっぷりの商社マンの成功を描くラブストーリー。ラブロマンス。

出逢い

クロは、東京ユニバーシティーの経済学部卒の新卒者になる、4年生の夏、第一希望の大企業Beautyから内定をもらい、卒論を仕上げていた。

研究課題は、某D国の住宅事情。結果は一発合格。内容は、D国の住宅の7割が公営住宅であり、衣食住のうち住に重きを置く国であり、他にあまり類を見ない安定した生活が自慢の国だった。

そしてその課題を同じ、マーチングバンドサークルのバトントワラー、美稲とクロと数人で共同研究すると言うもの。四人は、年末に合格し。

美稲は、自分の「企業イメージをクロに一番に思うようにしておいてね。私、まだ恋人未満だけど彼が好きなの。ねえいいでしょお父さん。」と言うと、Beautyの社長であるお父さんが、「即答はできかねるが、東京ユニバーシティーにとって言い企業でいよう。連れてくるなら、連れてくるがいい。」「どんな男なんだその男」とお父さん。

美稲は「格好は中肉中背、顔よし、器量良し、頭良しよ。私の目に狂いがなければ、お父さんに似ている人よ。しかも文武両道の方。」

美稲は、一家の英才教育で、悪い虫もつかず、初恋があんまりの思い出の女子。

そして、大学で、元高校で剣道部のクロと、大学で出逢い、体育の授業で剣道の試合をした時、美稲とクロは、戦った。白装束の美稲は向かうところ敵なしの女流剣士、でチアリーダーの花形。

クロは剣道の傍、大学で、新入生歓迎会の時、マーチングバンドのドリル演奏に魅せられ入部した。そのマーチングバンドは日本でも有数のマーチングバンド出逢った。

マーチングバンドで、交通安全パレードに出たり、各大学の優秀さを競う、大会を開いたりと、かなりの知名度であった。

マーチングバンドの名前は、ブルーウェーブス。青基調のユニフォームが自慢のチーム。

アメフトの試合のハーフタイムショーでのドリル演奏は、美稲とクロで練り上げたもの。そんな中になっていた。

波ベースで作られたドリルは、喝采を浴び、アメフトそっちのけになるほど。

美稲は、クロとは、大学一年の時クロと、美稲の出会いからであった。

花形の美稲に、ドラム担当だったクロは、思いを寄せていた。

入社後の二人

二人は、入社間も無く、企画開発室で、商材製作、買付の依頼、注目の商品の選定などに携わり、美稲は、父の会社であることを話した。

クロは、先物取引に着目し、アメリカ方面に流れる、アメリカ支社の、オレンジの7割弱を買い取る指示書を作成。好評を得た。そして、金相場を調べ、底値より少しだけ高いと判断し、買いに走るようにと、日本社の買付担当に指示書の作成に関係するプレゼンをおこなった。

そして、父の会社であるBeautyは、得意である、ゲーム関連事業を詳しく、クロに諭す、美稲。

クロは、ユニバーシティの主席でにふさわしいくらいの有能さを発揮し、ゲームにあまり興味がないクロは、徹底的に、3日間自宅で缶詰にされ、学んだ。

そして、N社のDDSを7割弱、ソフト付きで買い揃える指示書のプレゼンを製作。主力商品のクエスチョンアットドラゴンも一緒だった。

さらに、S社のプレイボックスを、最後のファンタジー付きで、プレゼン製作した。

その功績で、社の株は鰻登り。資産を億単位から、兆単位に押し上げた。

そのおかげで、クロと美稲は、社長と会食会に呼ばれた。

マナー知らずのクロは、美稲に手取り足取り教えてもらった。そして、1ヶ月後運命の会食会

当日、10分前にレストランに到着したクロの後から、お父さんとお母さん、美稲が現れた。国産のトヨト社の新ブランド、安全度世界一を奪還した、リクススのセダンに乗って現れた三人は、スーツにイブニングドレス姿。クロもいつもの背広ではなく、一丁らのタキシードを着ていた。

緊張でガチガチのクロは、社長を笑わせた。「君の功績はまあまあいいようだ。注目に値する。」「ところで君も知っている通り、この娘は私の実子で、長女だ、二人の関係はどうなっているのかな。ちょっと気になったから。おっと酒が回ったようだ。」とお父さんは行った手を洗いに行った。

「クロあのね、お父さん酔ったふりして、私たちを結ぼうとしてくれているの。お父さん子の私を思ってのことよ。」「本当は私...」と切り出し口ごもると、クロは「僕も美稲さんが好きです。大学4年間、何もなあ買ったのがおかしいくらいです。僕も、美稲もなんて。」とほろ酔いのクロが。

お父さんが戻ってきて、「いやあ、今日は有意義の会食会をもてた。明日の予定もあるだろう、この辺で我々は失礼する。」とおお父さんと母さんは帰って行った。

残った美稲は、「私も帰らなければいけないわ。」と父母をおった。会計は済ませてあった。

翌日、クロと美稲は、レアメタルに着目し、構想を練り上げ、プレゼンした。

そして、さらに、西芝のダイレクトブックの最上位と、ミドル機種である、Core i 7, Pentiumが入っている二つのラインに着目。

さらに、菱光銀行と提携を企画。商材である、ファンドの実績と、借り換えローンの金利緩和政策の中の、段階的利率に魅力を感じ、住宅ローンの金利の低さ、キャッシュカードプラスの段階的利率の策定など、商材を整えている銀行なので、気に入り、特に消費者ローンである、キャッシュカードプラスを改革し、?10万円は年利8%、15万円までは、8.5%、25万円まで9%、30万円以上10%の利率の策定で、人気を博し、特に再建回収に、司法試験を通過した、法律家が一任され、確約さえ取れれば、優良を問える会員におき、約束重視で、査定する債権課の作成に魅力を感じていた。

和牛の上質な部位の6割強の買付の指示書を策定、し、大手ファミリーレストランと提携することを考案

また上記に伴い、大手牧場主と業務提携を示唆し、市場の小売店つなぐ販売ルートの策定などに関与した。

愛の花

その傍、仕事で二人は、新人ながら、やらせてもらう仕事の規模が破格なのに気づく。

それもそのはず、美稲の思い人である、クロの自由な発想を買っていた社長の七光だった。

そして入社後に2年間、ほとんどただの同僚として過ごした二人は、人事部に転属、その後、経理部、と進む。

クロは、美稲のことを本当に好きになっていった。つかず離れずの関係から、一転、疲労の蓄積した美稲は過労で入院を余儀なくされた。

クロは、なけなしの給料で、真っ赤な薔薇の一輪挿しと、高価な花瓶を購入し、お見舞いに行った。

美稲は一眼でお見舞い品が気に入り、クロは「よほど頑張ってたんだだな、気遣ってやれなくてちょっと俺不甲斐ないと思う。」と言うと、美稲は、「クロ私のことどう思う?あの会食から2年経つけど、まだ私たちあの時のまま。」と言うと、

「俺、自信がないんだ。美稲の内名家だろ、ガサツな俺なんて、美稲の隣務まるのかなって。」「でも俺が今度は言うよ。俺正直な気持ち、本当は高校時代から、見初めて、剣道バカができることといったら、あのマーチングバンドだった。俺から言うべきだった。好きだ。戻ったら、付き合ってくれるかい。」「甲斐性なんてそれほどまだ持てないけれど、社長のこともも嫌いじゃないんだ。」

美稲は点滴を終え、二人は屋上のひだまりの中へ飛び込んだ。

「いい天気だな。あったけえ。まるで夏の日に太陽に向かってっ咲く花・ひまわりのような心を持つ、美稲の胸の中みたいだ。」

「私、クロの言葉で元気出ちゃった。退院できるか先生に聞きに行きたい。」

先生は、注意事項を話し、美稲に退院許可を出した。

ある日、クロは、重大な、記述もれにによる経理課の、脱税を記入してしまい、追徴課税されて、クロは、庶務2課に回され、クロは、気もそぞろ、告白したばかりで、飛ばされ、美稲は、部長に掛け合って、「記入漏れは私にも責任があるんです、彼だけの責任ではありません。」と言うと、部長は人事部に連絡し、「では、君も彼と一緒に庶務2回きだ。」と行った。

庶務の仕事は、お茶汲み、ゴミ集め、蛍光灯の取り替え、など使いっぱの仕事。

それを半年務めると、美稲に付き合ってほしいと言うと、高級車レクススで現れた美稲は、「迎えに来ちゃった。あんな電話くれるから、日曜の昼間に泣きそうな声、強がって私を守ろうとするなんて。」

それもそのはず、美稲が発注した、30個のプリンター用紙が、うち15個不必要で、しかもダブっていた。

クロは、美稲がゴミを収集中にかばって、「やったのは僕です。」といった。

そうして、父親伝いに話を聞いた、美稲は、そうしたのだ。

そして、クロは衝撃を受けた。それは、諭された現実。性が届かなきゃ、恋人を名乗ることも、結婚もあり得ないと言うことだった。

クロは、経験こそないが、鍛えげられて行っていた。

そして、美稲の家に招かれたが、美稲の部屋に入る前に、抜かずの二人、をこなし、ロボットでそれを計測すると言うこと。屈強なクロはロボットにも快勝し、ロボットが落ちること2回で合格した。

そしてドアを開けると、待っていたのは、花嫁衣装の美稲。

.クロは、タキシードに着替えさせられ、二人は教会へ。そして、途中美稲はクロに「あなたは、経営者としての訓練を受けたものよ。これで晴れて経営者のうち。準備はいい?」と言うと、焦ったクロは、ただうなづくだけがやっと。顔は上気し、現実は光の中の主人公。

そして、教会の牧師さんの前で待つクロ。

教会のドアが開き、中央のレッドカーペットを、お父さんと腕を組んで歩いてくる美稲。

そして、クロのそばへ。

牧師さんの前で、クロと美稲は、牧師さんの言葉にうなづき、誓いの口づけを晴れて、クロの両親も出席したみんなの前で。そして二人は永遠に近い時間を共に過ごすこととなるのです。

...おしまい...

2022-05-29 鈴音「未来へ繋ぐ君だから。」

プロローグ

この話は、愛と青春の日々を綴った、鈴音とクロの恋愛模様をフィクションとして、ラブロマンスにまとめ上げる日記形式の恋愛小説である。

運命の出逢い

クロは、赤子の頃、胎教でバロック音楽を聴いて生まれた、明るい音楽好きの男の子

鈴音は同じ年に生まれた、良家のご子息で音楽一家の長女。

クロは、プラレールの機関車トーマスを大事に買ってもらって、2歳の誕生日を迎える。

そして、ことあるごとに、両親や親戚は、ゴードンは?パーシーは?というが欲しがらず、レールをたくさん買ってくれというませたところのある子供で、Rのキツさから、高架橋、分子線、駅などを欲しがった。

クロは、二重の楕円で、部屋いっぱいにレールを組む子供に成長。高架橋と橋桁などが自慢の超立体構造。

鈴音は、音の鳴る、おもちゃが好きで、でんでん太鼓とガラガラと、ナイナイばあだけで笑う女の子。

そして、鈴音は、3歳の頃から始まった英才教育の中始まっていく。

クロは、頭が良く、賢さでは秀でていた、が何せいたずらっ子。

鈴音とクロは、公立の幼稚園で出逢うこととなる。

鈴音は、家柄の良い家庭らしくお嬢様育ちの4歳児、クロは、小さく生まれて大きく育った4歳児。

そんなおり、クロは、いたずらを両親に怒られて、しょげながら、一人ぽつんといると、鈴音が、話しかけた。

「ねえ、どうしたの、クロくん、泣きそうな顔して」という鈴音に、クロは、「僕はどうして生まれたんだろう」と答えると

鈴音は「え!」と驚き、クロはよほど身に染みたのか、「僕は本当はいらない子なんだきっと。」と答えた。

そうすると、鈴音は、「クロくんはいらない子なんかじゃない。少なくとも私の大切な人よ。」と答えた4歳児。

クロは「え、僕なんかが大切?本当だね?」と返答すると、鈴音は、「私、クロくんを初めて見た見えたの、未来の二人の結婚式が。」

「そうしたら、僕は、今フィアンセになるの?」と。そして鈴音は「うん。きっとね。」と答えた。

これが二人の運命の出会いとなった。

二人の成長過程

クロは、サッカーに出会い、惹かれ、のめり込んで、サッカー選手を目指した。

鈴音は、英才教育のおかげで成績優秀ながら、クロに合わせて、小学校の1年3組に、飛び級できるくらいの頭脳の鈴音が望んだ進学だった。親も渋々了承した。なぜなら、両親も黒を気に入っていたのだ。正直で直向きな姿勢に、家柄がそれを邪魔していた。

クロはわんぱく、鈴音はしとやかに育った。

クロは、成績は上の中、鈴音はクラス内で飛び級の繰り返し、3年生の頃に6年生の問題を一通りクリアできるくらいだった。

でも鈴音には先生がたは当たり前のように接し、隠されて育てられた。

クロは、その飛び級授業について行くのがやっと。少し落ちこぼれると、鈴音がスッとパスを出すそんなサッカー少年。

クロは、順調にサッカーに取り組みながら、サッカーでの地位を確固たるものとしていった。漫画で読んだ、サッカーーの話に憧れて始めたサッカーだが、ボールばかり遊ぶ少年だった。

そうして、小学校のサッカークラブに入って、リーダーシップを取れるまでに成長した。

そんなこんなで、二人の成長は、肉体的な成長も含め、鈴音は、5年生から胸が膨らみ初め、クロはだんだん女性として意識し始めるようになった。クロは毛深くなった。

あるひ、鈴音がガキ大将に、リコーダーを取り上げられた時、クロは、ガキ大将に平手打ちをし、取り返した。ガキ大将は、クロの本気度に、パンチの応酬。クロはたんこぶを作った。

鈴音が公園でハンカチを水道で冷やし、たんこぶを冷やした。

鈴音はクロがそこまでしてくれると思ってなくて、「私のために怪我なんて、ひどいよね。」とすすねが。

クロは、「僕がもっと強かったら、指先ひとつさえ、他の男に触らせたりしないから。守れるのに。もっと強かったら。」と震える声で答えた。

「でもいいんだ。僕に向いているのはボクシングや喧嘩じゃない。僕にはサッカーがある。天下取って絶対鈴音を幸せにするからね。」と言った。

「鈴音は?それまで何していればいい?待っているだけじゃ嫌よ。だって勉強ばっかりなんだもん。」と答えた。

鈴音は、成績から、クロは元気さから、在校生代表に選ばれ、卒業生を繰り出した。クロと鈴音はこの時に舞台度胸を強めた。

クロと鈴音は無事小学校卒業となるが、中学校は小学校の隣にある学校になった。

鈴音は、学業の傍ら日舞を習い始めた。その頃から、しな作りが上手くなって、より一層おしとやかに見えるようになった。

時は飛んで、高校受験を控え、もう勉強のクロに、鈴音は、「私について来れるかしら、ついて来れたら合格よ、フィアンセの第一段階。」と、勉学に少し疲れたクロに、居残り勉強を買って出た。鈴音の両親はハラハラドキドキ。

そんなおりクロが「な、俺たち完全にカップルしてるな。こんな二人きりの時間なんて。」。鈴音は「ええ、そんんことは、いいわよ。後で。今は勉強勉強。」

クロは鈴音に「俺、一度でいいから鈴音を抱きしめたい。」。鈴音は「ダメよ今は。」と。クロは、「そんなこと言う?」と言いながら、鈴音をぎゅうっと抱きしめた。合わさる胸と胸、クロの顔が右側にくると、鈴音は、まっかっかになって、どんと突き飛ばして、「今だけが全てじゃないんだから。少しは考えてよね。二人の未来のこと。」と言い放って、カバンをとって、走って帰って行こうとした。

クロはなんとか追いついて、左手を引っ張って、「待てよ、怒った?」時くと、まだ熱った頬で、鈴音は首を横に振った。

クロは、「一人じゃ危ないから、送って行くよ。時間も時間だし。」というと、鈴音は頷いた。

クロは、門の前までくると、「さっきのことは、俺大事な思いっでにするから、忘れんなよ、いつでも俺が、お前のこと一番に思っていること。それとこれは、俺たちにできる最大のイベント。」と言っておでこにキスをした。

そうして、「クロくんずるいよ、私をこんな気持ちにして。私たちどうなるの?」と切り出すと、クロは、「お前は、お前のままでいい。そのままでいろ、俺が一人前になって、お前を完全に幸せにできるようになるまで、何にも帰るなよ。いつかきっと俺があげるから。」と言うと。

鈴音はこくんと頷いて、そしてスッと帰って行くクロを見送った。

二人は同じ高校を目指していたが、クロは、プロのサッカーチームのスカウトに見込まれて、夏のサッカー国体で、見たと、校長先生に話すスカウトの話を、友達づてで聴いた。クロと鈴音。

鈴音は「いくの?」と聞くと、クロは「お前を置いてどけも行きやしないよ。俺たちまだ始まったばかりだから。」すると鈴音は少し困った顔で頷き、

そして、しばらく二人で歩いていると、スカウトの人が、二人に「ちょっと、君のクロ借りるね。」すると、鈴音は頷いた。

クロは、チャンスだとは思ったが、鈴音を思い悩んだ。そして、スカウトは「卒業までに小手を出してくれればいいから。君の意思を尊重したい。」と言った。

クロは、なんとか高校入学試験で合格したが、鈴音の番号が見当たらない。友達が走ってきて、鈴音が繰り上げ合格していることを告げた。

「鈴音、やったな。エリート街道だ。」とクロが言うと、鈴音は「そんな、クロだってあんなサッカーチームに見込まれてるじゃない。私にないもの持っている証拠だよ。」と言った。

「行って来てって。そして思う存分実力を発揮できるようになって。それからだ私たち。」「学業の方は、合格したから、とりあえず、第一段階合格!」

「俺やるよ。きっと。この手にできるもの全て勝ち取って、全部お前にやるから。とりあえず3年間待ってろ。」とクロが言った。

離れ離れの二人時代

クロは、練習課題を一つ一つ吸収し、自分のものとして行くための訓練のため、合宿所へ入ることとなる。

クロは、メキメキ実力をつけていったが、試合で成績が出ない。そして煮詰まっては、鈴音に電話する日々。

クロは、コーチの言いつけを破って、我慢できずに、合宿所を飛び出した。鈴音がいる故郷まで。

鈴音はクロが中学校に来ていると、友達からメールを送られ、いってみた。もう辺りは暗くなる頃だった。

「逢えた、やっぱ鈴音だ。」すると鈴音は平手打ち。「何考えているのよ、合宿所の人から私なんて思われるの?あなたの女でいたいのに、こんなことしたら、それもできなくなる。」と言うと、彼に近づいて、鈴音は「今だけよ。少しだけ、辛いこと私に預けて。」と抱きしめた。

そうして、「もう終バスないんだ。」とクロ。すると、「今日だけよ。」と言って隣にちょこんと座った鈴音。

そして、鈴音は、「家まで送って」と言う出すまで、3時間が過ぎた。門限ギリギリで帰った鈴音に、ただ、ひたすら、今までの過程を話したクロに鈴音は、ちょっと待ってて、「渡したいものがあるの。」と言って、まず、イニシャル入りのスポーツタオルを渡し、次に、雨が降り出していたので、傘を渡し、最後に、勉強の合間に編んだ、ペアのロピーセーターを渡し、「お父さんが送っていってくれるって言っているから、実家に寄って行くでしょ?ご両親に挨拶したいって。」と鈴音が言った。

そうして、実家に寄って、お母さんに会ったクロと鈴音と鈴音のお父さんは、「夜分恐縮です。」と言って、クロの両親に挨拶し、クロの両親に事情を説明し、

クロの母は、「立ち話もなんですし、どうぞと応接間へ通し、お夕食まだなんですって?ありあわせで構いませんか」と言うと、

「とんでもない、お構いなく。」と鈴音のお父さん。

クロのお母さんは、とっておきのマグロの刺身で、鉄火丼の酢飯の醤油ぶっかけ丼を出して、むしゃむしゃクロは食べ始め、みんなもそうした。

そうすると、クロのお父さんが帰宅し、「皆さんお揃いで。」

クロのお父さんと鈴音のお父さんが少し互の仕事について情報交換し、鈴音と、お父さんは、クロのお父さんの車で帰宅した。

そして、クロのお母さんは、「サッカーチームの合宿所へ電話し、夜分遅く恐れ入ります。クロの母のアキコと申します。この度は、息子が、突然来たきてきまして、どうやら、何か探し物を見つけたらしくそれでうちへ寄ったみたいなんです。それが息子の大事なたからだったんです。この度のことはどうか私に免じて、内密に願い申し上げます。」

合宿所の寮長は、「承りました。ご丁寧にご挨拶及びご連絡くださいまして、誠にありがとうございます。」と電話を終えた。

そしてクロの母は、「ちょっとクロ、あなた、そこに座りなさい。」と言い、「クロあなたは、チームの花形になる運命を担っているのよ、自覚あるの?そんな人たちの期待を裏切って何をしているの?鈴音さん?あの子は言い子ね。でもね、中途半端なあなたの言動がどれほど彼女を困らせるか考えたことある?母さんはそんな子供に育てた覚えはありません。母さんの知っているクロは、素直で素朴で礼節も保てるそう言う子に育てたつもりです。お互いを辛い時の逃げ場にするだけの関係なら、辞めておしまいなさい。決められたルールが守れてこその鈴音さんとの関係よ。母さんの言いたいことはそれだけ。今日はもう遅いから...」

すると戻ってきたクロのお父さんに、「父さん明日仕事の都合通から、送っていくよ」とクロを送っていった。

そして、クロのレギュラー獲得のための訓練が開始される最中のこの出来事に、寮長は、これを重んじて、一週間の謹慎処分にした。

一週間後、返り咲いたクロは、ボランチに据えられて、スルーパスを通すことに、才能を見たコーチは、監督と何やら話をし、クロが呼ばれた。

そして、「エースストライカーやってみたいか?」と言われ、クロは、「はい。」と答えた。

鈴音は、飛び級を続け、高校卒業と同時に大学卒業資格を取り、クロは、エースの座を手に入れた。

エースの花嫁

クロは、エースの座について間も無く、ドンピシャのタイミングでの、ボレーシュートを立て続けに決めた。

そして、ベンチには、鈴音のスポーツタオルがあり、いつでも鈴音を思って試合に臨んだ。あの言葉、いつかきっと一人前になって重あえを迎えに行くってって決めた時から、もう5年が過ぎた、鈴音は短大を出る頃、、博士号を取得、勉学に励んだが、クロとの交際が続き、づっと待ち続けていた。

そして、愛知県での優勝決定戦の時、鈴音が応援きた。毎回試合には、ゴール裏のチケットをプレゼントしていたが、逢えずじまい。

その試合の最中鈴音を観客席で見つけたクロは、見事におーバーヘッドシュートを決め、ゴール裏に寄って、鈴音に言った。

「俺やっただろう?この試合で勝てたら結婚しよう。」と大声で言った。

そして、クロの大活躍で、競合を撃破し優勝。

シャワーを浴びたクロに、抱きついた、鈴音は、駒のようにくるくるとクロに抱擁された。

そして、その足で教会で指揮を挙げて、ライスシャワー。

ブーケをトスした鈴音。受け取ったのは、親友の京子ちゃん。だった。

...おしまい...

2022-05-07 数学

一次方程式

x+3=3

(x+3)-3=3-3

x=0

二次方程式

x2-3x+4=2

x2-3x+4-2=2-2

(x * x)+(x * -2)(-1 * x)+2=0

(x-1)(x-2)=0

(x-1)(x-2)/(x-2)=0/(x-1), (x-1)(x-2)/(x-1)

x-1=0, x-2=0

x-1+1=0+1, x-2+2=0+2

x=1, 2

3次方程式

x3+2x2+3x+1=0

(x+1)x2+x+1/x+1=0/x+1

x2+x+1/x+1=0/x+1

x+1=0, x+1=0, x+1=0

(x+1)3=0x(x+1)2

(x+1)3=0

x+1=0

x=-1

ベクトル

x軸とy軸のグラフの中で、一時関数は、x=yの関数の場合、x=1の時、y=1で、0からは、+方向に、右上45度に向かうそれが一時関数のベクトル。

x+3=yの関数では、x=yー3となるため、一時関数の比例のグラフを、x=0、y=ー3から始める関数となり、ベクトルも縦方向下に?3ずれる。

二次関数は、x2=yの関数の場合、放物線を上下逆にした、ベクトルを持つグラフが作成できる。放物線は、y=ーx2を縦方向上にずらし計算する。

2022-05-01 言語学 + 国語古文漢文

言語学(セム語族、ハム語族のうちハム五族について)

インド・ヨーロッパ語族=アルファベット語族は、おおむね、英語(イングランド、ウェールズ、アイルランド、北アイルランドの4カ国でグレートブリテン。残りスコットランドが独立国で地続き)の言語を中心に、日本で言うところの、東京弁、関西弁などの訛りのような違いがある。

例えば、英語で、Michael と書くと、ミッシェルという女性の名になり、他、マイケルという男性、ドイツでは、ミカエルという呼び名となり、綴は共通である。

Paul は、英語ではポール、イタリア、イスラエル、ドイツでは、パウロになる。

John は、英語では、ジョン、イタリア、イスラエル、ドイツでは、ヨハネになる。

Peter は、英語では、ピーター、イタリア、イスラエルでは、ペテロ、ドイツ、ロシアなどではピエトロとなる。

Matthew は、英語では、マシュー、イタリア、イスラエル、ドイツでは、マタイと呼ぶ。日本では、松になるとされれる。

古文

け・け・ける・けよ、せ・せ・せる・せよなど4段活用と、

け・け・ける・ける・けろ・けよ、せ・せ・せる・せる・せろ・せよなど5段活用などがある。

漢文

れ点、一二点、送り仮名。

2022-04-20 英文法の基礎Part II

前置詞

テーブルをベースに前置詞を考えていきたいと思います。

on=接して上にある状態を表す前置詞。on the table = テーブルの上に(置いてある状態)。他、時を表す名詞形容詞などの前に置かれる。on time.=の時 on today.=今日に on a month.=ひと月になど。

under=下にある状態を表す前置詞。under the table = テーブルの下に(置いてある状態)。他、監視下に置かれる、とか、元に何かってその下に置かれるを意味する。under cover.=複製として、 under the low.=法の下の。

up = 上に向かってある状態を表す前置詞。up the table = テーブルの上方向に。他、意気高揚や、上向き全般を表すのに使われる。come up with me.=意気揚々。

down=下に向かってある状態を表す前置詞。 down the table. = テーブルから下方向に。他、意気消沈=Come down. fall down.=落ちるなどがある。

to=に向かって、対してなどの状態を表す前置詞。to the table. = テーブルに(へ)。他、to + 動詞の原型で、TO不定詞=名詞としての動詞使用。類義語、として動名詞=動詞の現在分詞形。To do=すること。Doing=すること。

about = 約、おおよそ、大体、について。about ten handred.=大体1000くらい、about youあなたについて、Let's talk about love.=愛について話しましょう。

with = と一緒に、伴って、について。with you = あなたと一緒に I can't help falling in love with you. あなたを愛さずにいられない。

without = ーなしで、伴わない。without you = あなたなしで。I can't live without you. あなたなしで生きれない。

within = 以内に、のなかで、について。within you = あなたの中で。I can live within you. あなたの中で生きられる。

for = のための、について。for you. あなたのために。

of = の、of you.=あなたの(所有格)

by = による、のそばに。by you.=あなたのそばに、the government of the people by the people for the people.=人民の人民による人民のための政治

over = を超えて。終えて。over the night = 夜を超えて、夜を終えて。

into = から中へ。into the fire = 日の中に向かって入る。

out of = から外へ。I'm outta my head without you.=あなたなしでは頭が破裂しそうだ。

or = か、もしくは、Do it or do not it.=するかしないかだ。

in = 中にある状態を表す前置詞。in the table.=テーブル内に(ある)。

out = 外にある状態を表す前置詞。out the table.= テーブルの外に。

belong = 属して、belong you = あなたの一部として。

beyond = に向かって、beeyond the sun.= 太陽に向かって。

against = に向かって、against you = あなたに向かって。

forword = 前へ。

特殊な単語。タオル=Towel。

2022-04-18 英文法の基礎

第一文系;S+V。主語と述語=名詞(代名詞)+動詞;何がどうした。

第二文系;S+V+C。主語と述語と補語。何がどうしたどのように。

第三文型;S+V+O。主語と述語と目的語。何がどうした何に。

第四文系:S+V+O+O。主語と述語と目的語、目的語。何がどうした何に何を。

第五文系:S+V+O+C。主語と述語と目的語、補語。何がどうした何にどのように。

5W1H。What物事、When時、Where場所、Why理由、Whoひと。How方法。

What's the date today?、今日何曜日?。What day today is?今日何日?。

When I was a boy, It was happen.私が少年の時、それが起こった。

Where I was birth in, It was a room.私が生まれた場所は一つの部屋だった。

Why do I have the problem? It is me as youth.どうしてその問題を私が抱えるのですか?それは私が幼いからです。

Who am I? I am a man. 私は誰ですか。私は1人の男です。

How is my training finished? It is as soon. 私の訓練はいつ終わるのですか?それはすぐに終わります。

関係代名詞。5W1H+That。関係代名詞というのは、文章自体を目的語補語として文章の中に置く接続詞です。

I have a pen what is red color. I have a pen (that) is red color. 私はペンを赤い色のペンを持っています。

I was a boy when it was happen. I was a boy (that) is happen. それが起こった時私は少年でした。

I was birth in where was a room. I was birth in (that) was a room. 私が生まれたのは一つの部屋です。

I have the problem why is me as youth. I have the problem (that) is me as youth. 私はその問題を若さゆえに持ったのです。

I am a boy who are a man. I am a boy (that) is a man. 私は少年で1人の男です。

I do to make it how can be special. 私はそれを特別なものとして作ります。

may=よろしい、will=だろう、would=したほうが良い、shall=べき、はず、should=shallの過去形、can=できる、could=can の過去形。must=するべきだ。など接頭辞と呼ばれる名詞と動詞の間に置かれる語句がある。

命令文。動詞から始まる文章。Do it yourself! 自分でやれ。Pay the money as soon! お金をすぐに払え。他、Let や Let's をつけて、Let it go! 行ってください。Let's go! 行きましょう。

現在進行形。Be+動詞の原型。I am riding the bicycle by my self. 私は自転車に私自信によって乗っている。

受動態。Be+動詞の過去分詞。I am came home by someone. 私は何者かによって家に帰らされた。

過去完了形。had+動詞の過去分詞形。I have came home on workout. 私は放課後帰宅し終わった。

現在完了形。has(have)+動詞の過去分詞。I have been came home by someone. 私は何者かによって家に帰された。

仮定法。If(Without)と一つ時間の前の動詞。If there'd been without your love, I have not lived anymore. 仮定法過去。If there was without your love, I couldn't live anymore. 仮定法現在。if there is without your love, I can't live anymore. 仮定法未来。 そこにあなたの愛がなければ、私はこれ以上生きれない。

2022-04-08 生物学と地質学

生物学状の分類

偶蹄類、奇蹄類、肉食動物、霊長類、有袋類、海獣、人間などの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、無脊椎動物、魚類、甲殻類、昆虫などがいる。

豚、猪などに代表される蹄が偶数の生物=偶蹄類

牛、鹿、馬などの蹄が奇数の生物=奇蹄類

動物を捕食する肉食動物=肉食獣

類人猿、猿など、の仲間=霊長類

お腹に袋を持ちそこで子育てする動物=有袋類

ホモサピエンス=人間。

アザラシ、アシカ、オットセイ、セイウチ、トド、ラッコ、イルカ、シャチ、クジラなど=海獣

鳥の仲間。鶴、トキ、雷鳥、孔雀、かも、かるがも、がん、カワセミ、わし、とび、鷹、雀、インコ、四十雀、オウム、アヒル、白鳥、黒鳥、カラス、文鳥、フクロウ、木兎、九官鳥他=鳥類

とかげ、へびの仲間=爬虫類

山椒魚などの両生類

真蛸、水蛸、大王蛸、ホタルイカ、ヤリイカ、スルメイカ、大王烏賊などの無脊椎動物

スズメダイ、フエフキダイ、エンゼルフィッシュ、真鯛、ブダイ、イシガキダイ、イシダイ、メジナ、縞鯵、アジ、カンパチ、ぶり、スズキ、カサゴ、アンコウ、リュウグウノツカイ、トビウオ、太刀魚、本マグロ(ツナ)、南クロマグロ(ツナ)、メカジキ=ブルーマーリン、マカジキ=マーリン、チョウザメ、イタチザメ、イヌザメ、ネズミザメ、シュモクザメ=ハンマーヘッドシャーク、アオザメ、ホオジロザメ、ウルメイワシ、カタクチイワシ、真鰯、カクレクマノミ、小判鮫、ホンソメワケベラ、ヘラ、キス、シロギス、ニシン、フグ、ハリセンボン、カワハギ、海タナゴ、八目鰻、鮭、虹鱒、ヒメマス、イワナ、ハヤ、鮎、オイカワ、ハゼ、カジカ、鯉、錦鯉、ふな、金魚、琉金、文金、出目金、コメット、メダカなど=魚類

蝦、蟹=甲殻類

アゲハ蝶、カラスアゲハ、ルリイロアゲハ(幼虫=青虫、さなぎ)、しじみ蝶、紋白蝶、モンキチョウ、昔トンボ、塩辛とんぼ(ヤゴ、さなぎ)、ベニあかね、糸蜻蛉、水糸とんぼ、オニヤンマ、ギンヤンマ、ハナムグリ、カナブン、カブトムシ、ヘラクレスオオカブト、コクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタ、ルリイロコガネ、タマムシ、斑猫、コメツキバッタ、ムカデ、ヤスデ、ダンゴムシ、チャバネゴキブリ、ゴキブリ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクホウシ、ミンミンゼミ、クマゼミ、オケラ、ゲンゴロウ、タガメ、アブラムシ、てんとう虫、ナナホシテントウ、ミツバチ、女王蜂、アシナガハチ、クマンバチ、ハナアブ、アブ、ブヨ、地蜘蛛、女郎蜘蛛、水蜘蛛、セアカゴケグモ、タランチュラ、黒蟻、白蟻、グンタイアリなど=昆虫類

地質学(サラッと)

火山岩のうち、流紋岩、花崗岩、安山岩、閃緑岩、玄武岩、反霊岩、先に書いてあるものほど、硬い性質を持っている。

ほとんどの石が持っている、二酸化珪素(SiO2)で、シリカが、水と反応し固まる性質から、現在の、液状の石、粉状の石、セメントがあり、石灰であるカルシウムなどもその成分の一つで、山砂などが混ざるとコンクリート(Cー40含んだり)する。

2022-04-04 食べ物と栄養学

食べ物のとろみの元は、大きく分けて二つあります。

西洋のとろみは小麦粉と野菜ペースト、東洋のとろみは、水溶き片栗粉

主食の種類は、小麦系、米系とあり、米は炭水化物と水が主成分で、糖質が多く、甘くふっくら炊き上がった米は、オリゴ糖、ブドウ糖など豊富で栄養価が高い食物です。

小麦粉系は、パン、ナン、パスタ、麺類などがあり、炭水化物と、タンパク質を兼ね備えています。また、ビタミンB群が少々。

残りは、芋系で、英国のフィッシュアンドチップスに代表される、じゃがいものチップスであるフライドポテトや、タロ芋などがある。

日本食

日本食の特徴は、ニホンコウジカビ、ショウユコウジカビなどを生やした、大豆や米を塩で締めた塩麹(この過程で、カビは滅される)で、そこから、液状の醤油と、モロ味噌が生まれる。

また割り下と呼ばれる、砂糖醤油や醤油とミリンを合わせ手料理酒を加えた、すき焼きや、肉じゃが、照り焼きのソースが生まれる。

この割下に水溶き片栗粉と出汁で混ぜた、みたらし団子、焼き鳥、照り焼きの素もできる。

そして、味噌に砂糖を溶いた、西京焼き、さばの味噌煮などとなる。

日本食で多いのは、魚や野菜、根菜の煮物や塩焼き醤油がけなどの動物性タンパク質、DHA、EPA、鉄分、カルシウム、動物性油脂=炭水化物少々、ミネラルなど豊富な栄養素が入っている

古くから、奇蹄目の動物は食べて良いとされ、偶蹄目は食べてはいけないとされていた。中でも、豚は、王子以外は食べてはいけないとされていた。

ほうれん草の煮浸しなど、添え物は、ほうれん草を煮て、しんなりしたら、流水で冷やし、絞りながら、ぶつ切りにして、鰹節と醤油をかける。根本の赤い部分は鉄分が豊富で、ミネラルの他に、ビタミンCとAなどが入っている。

赤い野菜にんじんには、ベータカロテン=ビタミンAが豊富で、トマトもそれと同等、そしてリコピンが入っている、ビタミン類が豊富で植物性蛋白質が少量。

白色野菜には、芋類には、澱粉と呼ばれる植物性タンパク質とビタミンCが豊富、根菜である大根もそれと同等。

畑の牛肉と呼ばれる、大豆は、植物性タンパク質とともに、ビタミン類が豊富で、栄養価が高く、もやしなど、日の光を一切浴びせず、生えた芽も栄養価が高い。納豆も納豆菌と呼ばれる善玉菌がいて、腸内バクテリアの主管部を担っている。

善玉菌の中では、乳酸菌=ビフィズス菌、ヤクルト菌、LG32など、ヨーグルトに多く含まれる、腸内バクテリアで、人間にとって都合のいい酸を出す菌を善玉菌、他を、大腸菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌などがいる悪玉菌に分類されている。

なべには、出汁と味噌や、出汁と醤油、出汁と醤油味噌両方で味付けした、煮物根菜や、葉野菜、魚か肉などが用いられる。

他に酢酸、食べられる有機酸として有名で、化学記号は、H2COOH。をうまく使う。主成分は米酢など。

にんじんの甘露煮や、温野菜などは、単に野菜を煮たものであったり、マヨネーズや、塩などで食べるm=ミックスベジタブルなどがある。

洋食

洋食の代表格である、デミグラスソースは、牛骨をコトコト煮込んで、トマトピューレを作り、玉ねぎのみじん切りを飴色になるまで焦し、まぜ、野菜ペーストか小麦粉でとろみをつけ、塩で味を整え、月桂樹の葉を乗せて、香り付けしたソース。

ホワイトソースは、フライパンに、バターを溶かし、小麦粉を牛乳でダマにならないようにといて、塩胡椒で味を整え、とろみが増したら出来上がり。タッパーにとり、使う量だけ、牛乳で解いて使う。

チーズは、乾燥牛乳で、塩漬けにしたり、カビ(ブルーチーズ)をはやしたり、フレッシュなままのチーズがあり、牛乳を主成分とした、保存食である、乳脂肪分でできている。脂肪である、油は、低音で固まる性質のため、出来上がる。

チーズは、カルボナーラを作る時にも、それから、ピザにかけてもいい。ゴーダチーズ、チェダーチーズのミックスがおすすめ。

乳脂肪は、温めながら泡立てるとバター、冷やしながら泡立てるとホイップクリームになる。ホイップクリームは、バニラエッセンスとグラニュー糖を溶かし、空気がよく混ぜるように、上下にくるくる回して泡立てる。

トマトを煮たり焼いたりする料理が多いのも特徴。ミートソースにナポリタン、ミネストローネなどが代表作だ。

フィッシュアンドチップスは、英国の代表的な食事で、ニシンの塩焼きと、皮付きじゃがいものフライを主食にして食べる。

ブイヤベースは、魚貝のだしを意味し、スペイン料理の、パエリアなどが代表的。米であるインディカ米を、炊飯しながら作る料理。

海老には二種類あり、ハサミのある海老をロブスター、ハサミのない海老をシュリンプと呼ぶ。

ハンバーグは、ミンチであるひき肉に、玉ねぎのみじん切りを混ぜ、塩胡椒醤油で下味をつけ、豆腐や卵パン粉などをつなぎに使う。これにデミグラスソースをかけたり、おろし醤油をかけて食べたり、ハンバーガーにして、バンズを平らに二層に切って挟んでピクルスを乗せて食べる。

七面鳥の胃袋にミックスベジタブルを詰め、塩焼きにして食べる、アメリカ南部料理も有名である。

インド料理

カレーは、32種類の白胡椒や黒胡椒、唐辛子=鷹の爪、塩、野菜ペーストか小麦粉で野菜や鶏肉を煮込んで、ナンと一緒に食べる。

中華料理

中華料理は、何でも食べる習慣から、多種多様な料理がある。

麻婆豆腐は、豆板醤に鷹の爪、水溶き片栗粉で味付した、ひき肉と豆腐の料理。豆腐の代わりに茄子を使ったりもする。

うま煮や、あんかけのもと、中華丼のは、鶏がらスープに、塩胡椒で味付して水溶き片栗粉で味を整えた、八宝菜やそのた葉野菜、キクラゲなどを、中華鍋で合わせた料理。

北京ダックは、料理人に対して感謝を表す料理として名高い。ダックを水飴を塗って丸焼きにし、春巻きのかわで、野菜などで、皮だけ切り取って食べる料理で、肉は、料理人にどうぞという料理。

王道は伊勢海老を龍蝦と呼ぶ。

お酒は、杏のお酒で有名な、杏露酒、ある酒を、砂糖と杏でつけてから飲む、日本の梅酒のようなツケ酒。

お茶は、烏龍茶、プーアル茶など多様で、食文化中心のこの国では、一日5食食べられている。うち2食は飲茶と呼ばれている。

フカヒレ煮や、燕の巣のスープなどは珍しい料理として名高い。

ロシア料理

ボルシチ、ミネストローネ、が有名で、他、世界3大珍味である、キャビア=チョウザメの卵、ホアグラ=鴨のレバー、トリュフ=キノコの一種は有名。

2022-04-03 デジタル信号のIPについて。

IPとは、インターネット・プロトコルであり、8ビットすなわち、0と1が8桁の2進法でできている。

それは、0から255までを表せる、ミステリアスな、データ通信法。

サーバー内において、静的IPは固定IPアドレスを持つサイトなど、現代では、DHCPサーバが広く用いられた、モデム・ルーターを介した、光デジタル通信が主流である。

その表記は、左から、0か1x128+0か1x64+0か1x32+0か1x16+0か1x8+0か1x4+0か1x2+0か1x1で構成される8桁の数値データ。

セーフカラーで代表されるカラーコードは、#をヘッダーにスペースをフッターに使う通信手段。

具体的には、

  • 11111111 = 255
  • 11111110 = 254
  • 11111101 = 253
  • -------------------------------
  • 10100010 = 162
  • -------------------------------
  • 00010000 = 16
  • 00001111 = 15
  • -------------------------------
  • 00001001 = 9
  • 00001000 = 8
  • 00000111 = 7
  • 00000110 = 6
  • 00000101 = 5
  • 00000100 = 4
  • 00000011 = 3
  • 00000010 = 2
  • 00000001 = 1
  • 00000000 = 0

この8文字でインターネットのポート80送信、81受信が成り立っている。

2022-04-02 スピーカーとマイクについて。

まず、音を電気信号に変える仕組みについて考えたいと思います。

マイクの仕組みは、コイルに微弱な電流を通電し、音声や音について、空気の信号によって電子が傾き、電子が片側により、その隣の電子も傾き、隣り合い、+ーの波を作る。マイクロ波はここから生まれる。

その電子と陽子の交互に来る波である電磁波は、マイクの中の、コイルに、フレミング左手の法則で、力の方向、磁界の方向、電気の方向に変換するため、磁場が、電気信号(波動)として、生成される。

その電気の揺れを、増幅する装置がアンプで、真空管アンプは、真空の中にフィラメントがあり、そのの根本ともう一つに皿、と真空の管で囲み、電気の揺れ自体を、空気抵抗なしで揺らし増幅する。

その電波を、スピーカーに送り、ネオジウムマグネットを振動させ、それに揺れやすい皿を接すると、空気の振動に戻せるという、現代の技である。

デジタルアンプはコンデンサなどで、ボリュームアップや増幅を行うことが可能となっている。

2022-03-31 生理物理学入門

細胞培養過程

細胞学において、細胞自体を形成する、パーツは、DNA(デオ・キシリボ・ヌ・クリーク・アシッド=デオ・キシリボ・ヌクレオチド)と、RNA(リオ・ヌ・クリーク・アシッド=リオ・ヌクレオチド)、細胞壁などとなっている。

細胞は、一つづつ、分裂して作られる。

その細胞の性質や、遺伝をコード化して持っている細胞核=4進法のデジタル信号、で、四つの塩基(サンとアルカリの中和物)配列、チミン、アデニン、シトシン、グアニンの4種類でできている。

その四種類は、染色体であるDNAと呼ばれている。

その配列を解析しようとする技術や、手法をヒトゲノムと呼び、DNAの33ページ(現代では32ページとされている)、その11番目のページがアルツハイマー病の遺伝についてのページとされていて、33ページ目は、細胞の並び順、血管細胞、神経細胞、細胞をどう並べるかが描かれているとされている。

その細胞の分裂、培養の過程で、二重の螺旋構造である、染色体の、DNAを、制限酵素DNAヘリカーぜが分断し、一本づつの螺旋を解いた形のDNAの塩基配列へと変えていく。

そのDNAの塩基配列は、チミン=アデニン、アデニン=チミン(ウラシル)、シトシン=グアニン、グアニン=シトシンとしか、対にならないことを利用し、紙のデジタルである、信号を描き出している。神のデジタル信号のようで、2進法のデジタルさらに上の伝達ほう、0と1だけではなく、0、1、2、3の4進法で書かれ、その効果を遺伝学上の世界で全て可能としている。

螺旋を解いたDNAの一部のページにRNAポリメラーゼ(制限酵素)が取り憑き、チミン、アデニン、シトシン、グアニンの対になるものを選び出し、RNAにメッセンジャーRNAとして伸ばしていく。

伸ばしてきたメッセンジャーRNA=mRNAは、リボソーム(制限酵素)=工場が、UUU、UUA、ACGなどと3文字づつ読み上げ、RNA内に蓄えた、アミノ酸群下記参照。を選び出す。

U C A G
U UUU・UUC=フェニルアラニン、UUA・UUG=ロイソシン UCU・UCC・UCA・UCG=セリン UAU・UAC=チロシン、UAA・ UAG=終止 UGU・UGC=システイン、UGA=終止、UGG=トリプファン
C CUU・ CUC・ CUA・CUG=ロイシン CCU・CCC・CCA・CCA・CCG=プロリン CAU・CAC=セスイジン、CAA・CAG=グルタミン CGU・CGC・CGA・CGG=アルギニン
A AUU・AUC・AUA=イソロイシン、AUG=イチニオン(開始) ACU・ACC・ACA・ACG=スレオニン AAU・AAC=アスパラギン、AAA・AAG=リシン AGU・AGC=セリン、AGA・AGG=アルギニン
G GUU・GUC・GUA・GUG=ベリン GCU・GCC・GCA・GCG=アラニン GAU・GAC=アスパラギン酸、GAA・GAG=グルタミン酸 GGU・GGC・GGA・GGG=グリシン

表のように開始符と終止符の役割すなわち、デジタル信号で言うところの、ヘッダとフッターの役割を担う、アミノ酸の開始終止の位置決めから、3文字のmRNAで選び出されたアミノ酸群の並び方によって、その細胞が何の細胞か、何の種類のタンパク質かに組み上げられている。

そのアミノ酸群から作られてタンパク質の中に、埋め込むDNAを、元の細胞核の中の染色体である、DNAを寸断し終わったDNAヘリカーぜのために、2本になった塩基配列を、今度は、DNAポリメラーゼが、取り憑き、片方は順目に、片方は、シャクトリムシのように、フラグメント解析するかのように転写する岡崎フラアグメントによって、綺麗にDNAレプリケーションされて、埋め込まれる

この細胞の分裂は、取り憑いていた、RNAの読みだすページに書かれた、塩基配列がどこの部位のページを読み込んだのかで決まる。また、脳内や、全ての細胞への転化が可能な細胞を、幹細胞と呼び、山中教授によって、完成した、IPS細胞の理念は有名であり、ノーベル物理学賞を受賞している。

免疫抗体について

免疫抗体である、白血球は、三つの種類に分類されている。

それは、食細胞、T細胞、B細胞である。

その食細胞のうち、マクロファージは、敵の細胞も味方の細胞も食し、そのかけらをMHC抗原に、鍵の役割として張り出し、

T細胞のうち、ヘルパーT細胞が、抗体の種類の数だけの種類に分かれ、MHC抗原の鍵を開ける錠枚としてあり、それによって開けられた種類のMHC抗原で敵か味方か見分ける。

敵の細胞だと判別すると、身体中の残ったT細胞、B細胞が、キラー細胞をミサイルのように、送ってくる。

キラー細胞は、敵によって侵食された、炎症を起こした細胞や、敵細胞自身に、キラー細胞が穴を開け、自身が取り込んだタンパク質(高分子)を送り込み、破裂させて、倒し、垢として排泄する。

この錠枚の種類が足りないと、その足りない種類のMHC抗原に張り出された鍵によって分類される、未知の菌に対しての免疫をつけるため、

新しく、ヘルパーT細胞を増やすことで対応している。

このヘルパーT細胞自体を食べてしまう細胞を、HIVや、エイズウィルスとして、敬遠している。

HIVや、エイズウィルスに侵されると、免疫自体が作用しなくなり、合併症で命を落とすことがある。

近年、このHIV、エイズウィルス自体を全て食べてしまう菌がいるとかいないとか。

2022-03-31 SARS-COVID-19 について。

現代のコロナウィルスは、球の形をしているため、中学校の理科の教科書に載っている、SARS3との関連が疑われる。

SRASとは、昭和時代前期の難病で、砂糖がない時代に流行った、肺結核を意味する

コロナウィルスは、新型の球状の未知の菌で、香港株、デルタ株(ミュー株)、オミクロン株(ヨーロッパ株がその種類と考えられ散る。報告されている。

これは推論でしかないが、香港株は、香港C型の関係、デルタ株は、コレラ菌の関係、オミクロン株はチフス、ペストの関係の症状に似ている。香港、オミクロン株は発熱頭痛、デルタ株は、嗚咽が特徴であるらしい。

球の形をした菌は、昭和時代にSARSと名付けられているはずです。未知のウィルスに対し、一刻も早い、完全な抗体を持つことを望み、おしすすめて言っていただけらば幸いです。

当方は、予防接種である、BCG、種痘、麻疹、おたふく風邪、水疱瘡の予防世襲済なので、おそらく、なんら問題ないと考えていますが、念のため、モデルナ社製のワクチン3本全部を打つ予定。うち日本は接種済み。3本目も近日予約済み。

2022-03-29 CPUの種類

CPU(センタープロセッサーユニット)は、大まかに分けても、世界2大メーカーを中心としている、Intel、AMD社があるが、現在では、Macで有名なApple社が、M1チップを開発に成功し、流通している

まず、Intel社のチップである、CPUの種類について、現在、Xeon, Core i 9, Core i 7, Core i 5, Core i 3, Pentium, Celelon, Atom, などがあり、CPU内にメモリコントローラー、GPUを同梱し、さらに、LGAと呼ばれる、ソケットの形状を開発、ピンのないCPUとしてその地位を確立している。

次に、昨今開発された、CPU、Apple社の独自のCPU、M1Ultra、M1Max、M1Pro、M1とかなり高性能なチップ、平均8コア以上24コアまで、GPUも7から32コアまでの性能を誇る。

次に、AMD社の、開発した、A10、などから、メモリ、GPUをCPU内に置いて、フロントサイドバスを可変にした技術は、世界に名高く、ATI社と共同で開発し、ATI社はグラフィックボードである、Radeonシリーズを根幹に、一時期、合併していた。A10、A8、A6、A5、A4、A3、Ryzen、Athron、Duron、など多種多様なCPUがその地位を確立している。ピンがあるが、高性能な、AMソケットは有名である。

2022-03-28 パソコンについて

現代のパソコン=計算機とタイプライターの子は、パソコン本体(デスクトップの場合)とノートパソコンオールインワンの荷種類の形状があり、前者は、モニタを必要とし、さらに独立したキーボードが必要となる。

ここからが本題だが、、パソコンの中身について、当初、ノースブリッジ、FSB(フロント・サイド・バス)=メモリコントローラー、GPU、CPUの、ベースクロック(速度=33MHzの乗算)を決めていた。現代では、ノースブリッジはCPU内に同梱され、さらにターボクロック(余裕のある時FSBを加速させる)が可能となり、より高速で、コア数(1コアが当初のCPU台分)が4コアから8コア、16、20コアなどに増え、グラフィックプロセッサユニットGPUも7コア以上と飛躍的に、小さくなのプロセスで組まれ、一つのCPUで同時にマルチタスクをこなせるようになってきている。

それに加え、メモリは、SDRAM時代は一枚の速さに依存していたが、DDRSDRAMの登場で、デュアルチャンネルのメモリスロットに同じものを2枚つけることによって、処理が、メモリの番地指定が、2枚に置けて、同時処理が可能なため、倍速が出るようになっている。

また、パソコンのコントロール部以外の、サウスブリッジに、当初は安い、低速な、33MHZの3倍、UltraATA100程度のものが主流だったが、今では、マザーボードにノースブリッジが必要なくなったため、サウスブリッジに高級なチップが使われ、PCIーExpress、SATA3、USB3など10倍速の速さを実現している。

オーディオチップも、サウスブリッジから、データをやりとりする情報を交換し、また、CPU同梱のGPUを使用しない、グラフィックボードの2枚付で、ゲーミングのクロスファイヤーXなどの技術も確立されている。

インターネットも、LANが1GHzの時代から、10GHz(サウスブリッジに依存)のため出るようになり、さらに5GHzの、無線LAN、IEEEE8.02認証のものをWi-Fiそれ以外を無線LANと呼ぶも同時使用可能になっている。かつてサーバーPCだった性能が、今パーソナルコンピューター標準となってきている。

Listen on Apple Music